黒目がレンズの中心に収まる物を選ぶ

メガネフレームは顔に合わせて選びましょう!

「メガネは顔の一部です」というキャッチフレーズがありますが、多くの人にとってメガネフレーム選びは顔の印象を大きく左右する重要なポイントだといえるでしょう。実際にメガネが似合うかどうかは、メガネフレームが顔に合っているかどうかで決まります。顔に対して小さすぎるフレームを選んでしまうと、相対的に顔が大きく見えることになります。一方で大きすぎるフレームを選ぶとメガネの印象が強くなりますので、鏡を見ながらじっくりとチェックしてみてください。さらに顔の形とメガネフレームの形の相性も重要です。例えば丸顔の人がレンズが丸いタイプのフレームを選ぶと、顔の丸い印象が強調されることになります。角ばった顔の人が角ばったタイプのフレームを選べば、角ばりも強調されます。顔の形が気になる場合には、顔の形とは反対のイメージのフレームを選ぶと、自然な雰囲気に仕上がることが多いようです。

メガネフレームの適正なサイズは?

さらにメガネフレームの各部のサイズと顔のパーツの位置を合わせることで、より最適なメガネを選ぶことができます。特に重要なのは黒目の位置とレンズとのバランスです。メガネをかけた際に黒目の位置が、レンズのほぼ中心に収まるのが最適なバランスになります。ただし実際には目が顔の中心に寄っていたり、あるいは目が離れていたりなど個人差があるため、黒目の位置とレンズの中心をピッタリと合わせることは難しいかもしれません。そのような場合には黒目の位置がレンズの中心よりも、やや内側に収まるフレームを選べばOKです。逆に黒目の位置がレンズの中心よりも外側になってしまうと、フレームが小さくて窮屈な印象になるため、くれぐれも注意が必要だといえるでしょう。

縦長の印象をカバーしてくれる「ウェリントン」タイプの眼鏡がおすすめです。今流行りの形でもあるので、ぜひ挑戦してみてください。