メガネを新しくしようと思って店にいっても、たくさんあるメガネの中からどれを選んだらいいか悩みますよね。気に入ったデザインのメガネを見つけても、自分の顔に似合うとは限りません。メガネは顔の印象を左右する重要なアイテムなので、選び方に注意して自分に合った物を見つけてください。

メガネ選びで必ずチェックしたいポイント

顔幅とフレームの幅を合わせる

黒目がレンズの中心に収まる物を選ぶ

眉とフレームのバランスを見る

フレームの上縁と眉のバランスをとる

眼鏡を選ぶときには、自分の眉にあったフレーム選びが重要です。眼鏡は一般的にフレームの上縁(トップリム)と眉のラインがそれほど離れていないほうがバランスよく見えます。また、眉の特徴を強調するようなフレームは選ばないほうが無難です。たとえば、眉尻があがっている人の場合には、フレームの上部の形が斜めにあがっているウェリントンタイプやフォックスタイプなどを選ぶと、さらにキツイ印象を与えてしまうでしょう。選ぶときのポイントとしては、眉頭が眼鏡のフレームと重なっているかどうかを見ます。フレームと眉との間に大きな隙間があると、バランスが悪いです。カッコよく見せたいなら、なるべく眉頭とフレームとは重なるようなものを選びましょう。また、フレームと眉が平行であるほうが全体のバランスがよく見えます。

眉の特徴ごとのフレーム選び

眉の特徴ごとのフレーム選びをご紹介します。眉が左右で高さが違うという人の場合には、基本的には高い眉にあわせます。低い眉に合わせてしまうと、高い眉とフレームとが離れすぎてしまうためです。間の抜けた印象になってしまうため、高い眉に合わせて、低い眉がリムの内側にはいってしまうことには多少目をつむります。また、眉と目の幅が広い人の場合には、大きめのフレームを選んで、リムと眉がなるべく重なるようにしましょう。あえてファッションとして鼻眼鏡のようにかける人もいるかもしれませんが、バランスで見た場合には、リムと眉は重なっていたほうが綺麗です。さらに、眉が薄い人の場合には、リムがハッキリしたもの、たとえば、トップリムが眉のように見える「ブローフレーム」などを選びましょう。リムが眉の代わりと果たしてくれます。もし、つけたい眼鏡と眉があっていないのであれば、眉そのものを整えるという手もあるでしょう。

顔型別、おすすめのフレーム

どのように見られたいかによっても、選ぶメガネは変わります。顔型の違いでも似合うメガネは様々です。選ぶフレームの形よっては顔の欠点をカバーしたり、顔の印象を変える事もできます。顔型別にはどんなフレームが似合うのでしょうか。

面長に似合うメガネ

面長さんが1番気にするところは、やはり顔の長さでしょう。したがって、メガネを選ぶときは、顔の長さをカバーしてくれるかどうかを重視することがポイントです。また、面長さんは大人っぽく見られやすい人が多…

丸顔に似合うメガネ

顔の縦横比に差が少なく、全体的に柔らかい印象の丸顔さん。そんな丸顔さんがシャープな印象を持ちたいときにオススメなのは、スクエアタイプのメガネです。一般的に、メガネのフレームは自分の顔立ちと真逆のも…

三角顔と四角顔に似合うメガネ

三角顔といわれているのは、主に顎のラインがスッキリとしていて、また面長ほど顔の長さが長くない顔のことです。全体的にシャープなフェイスラインをしているため、クールな印象があります。三角顔は基本的に顎…