三角顔と四角顔に似合うメガネ

三角顔におすすめのフレーム

三角顔といわれているのは、主に顎のラインがスッキリとしていて、また面長ほど顔の長さが長くない顔のことです。全体的にシャープなフェイスラインをしているため、クールな印象があります。三角顔は基本的に顎が小さいため、小顔の人が多いです。三角顔の人は、上部だけにフレームのあるハーフリムフレームを選ぶとスッキリとした印象が際だつでしょう。また、オーバルやラウンドなどの丸みのあるフレームを合わせることで、柔らかい印象をプラスするのもおススメです。細いフレームのものを選ぶと、より三角顔のフェイスラインにマッチするでしょう。逆に、フォックス型のようなシャープな印象なものは、顔立ちの鋭さを強めてしまうため、あまりおすすめではありません。また、丸みのある逆三角形のボストンフレームも縦幅があるため、もともと小顔の三角顔の人だと顔の中で浮いてしまうでしょう。

四角顔におすすめのフレーム

四角顔といわれる顔は、ベース型ともいわれ、横幅が広く直線的な顔立ちのことをいいます。メリハリのある顔立ちですが、一方でこわばった印象を与えてしまうため、女性であっても男性的な印象を与えてしまいがちです。ですから、フレームを選ぶときには顔の印象を和らげるような、柔らかさをプラスできるものを選んで顔の印象を和らげましょう。まずフレームは角のない、丸みのあるものを選びます。楕円状のオーバルフレームやラウンドフレーム、ボストンフレームなどの丸みのあるフレームがおすすめです。さらにメガネの縁が太めのものを選ぶと、四角顔の直線的な印象をカバーできます。また、目尻がつりあがったキツネのようなフォックス型もおススメです。つりあがった形が、顎をシャープに見せてくれます。